観光案内サービス

新宮 〜 本宮大社速玉大社那智山 〜 新宮

コース案内

  • 所要時間 5時間

料金案内

  • 普通車料金 ¥36,100

おすすめスポット

  • 熊野本宮大社

    熊野本宮大社 熊野三山の一つで、社殿が国の重要文化財。家津美御子大神(素戔嗚大神)を主祭神とし、商売繁昌、開運招福、衆災削除、無病息災、交通安全、大漁満足、特に心願成就にご利益があるとされています。
    また、「熊野古道」が続き、山里の暮らしにふれる情緒豊かな雰囲気を楽しめます。

  • 熊野速玉大社
    熊野速玉大社

    熊野三山の一つで、熊野速玉大神と熊野夫須美大神を主祭神とし、お灯祭や御船祭などの珍しい祭りが行われる神社です。
    もともとは神倉山に祀られていましたが、景行天皇58年(128年)に現在の速玉大社に移られました。神宝館には1200点余りの国宝古神宝をはじめ、徳川吉宗公奉納の糸巻太刀などの重要文化財が多数展示されており、また佐藤春夫記念館も境内に併設しています。

  • 那智の滝

    那智の滝 高さ、水量ともに日本一である那智の滝は、熊野那智大社の別宮、飛瀧神社のご神体として古くから人々の畏敬を集めてきました。熊野の山塊、その奥方より日本一のスケールで流れ落ちる姿は圧巻。四季を映す山々との調和、「天地を結ぶ白神」と称されるその麗しさは一見の価値あり。日本三大名滝の一つとしても知られています。

  • 熊野那智大社

    熊野那智大社 本宮、速玉の両大社と並ぶ熊野三山の一つ。467段におよぶ石段の上に建つ拝殿、その神域には日本サッカー協会のロゴにも用いられている“八咫烏(やたからす)”の烏石や、樹齢約850年の大楠があります。
    また、諸願成就の神としても知られており、主神「夫須美大神」他十二柱の神々を祀る神社。
    境内にある宝物殿では熊野信仰に関する資料を展示しています。別宮である「飛瀧神社」の御神体は那智の大瀧。有名な那智の火祭はこの神社で執り行われています。

  • 青岸渡寺

    青岸渡寺 如意輪観世音を祀る本堂は、天正18年に豊臣秀吉が再建したもので、国の重要文化財に指定されています。那智の滝との調和が美しい三重の塔も必見。西国33カ所観音巡りの第一番礼所でもある。

このページのトップへ